忍者ブログ
Admin*Write*Comment
白灰色の畔
[216]  [215]  [214]  [222]  [213]  [212]  [211]  [210]  [209]  [208]  [207
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(追記に日記ログ)

 
==================================================
語り:ハイダラ
居所:偽物の島
==================================================

真夜中を過ぎた頃。
私は円やかに続く丘のような場所にいた。
背後は森。目の前は緩やかに下って行く丘の斜面と、果てが奇妙に霞んで見える草原。
頭上には枝を張り出した木が作る木陰があり、木の葉の隙間で星と月がちらちらと揺れながら輝いている。

ここは『どこかの木陰』。
迷い込んだものと、ここを目指すものと、私の許しのあるものの為の場所。
木陰には絨毯が敷かれ、光る鉱石を入れた蘭燈の灯りがあり、小さく水の流れる音がする。

今この場にいるのは、私と、私のしもべ。
そして、優しくて素敵な水の魔法使いと、美しい杖に宿る可愛い子だけだ。

魔法使いはもう眠っている。
可愛い子は、多分起きているだろう。
しもべ——カディムと言う——は、私の後ろに控えている。

私は、ゆっくりと一歩、木陰を出た。

遮るもののなくなった夜空は広く、恐ろしい程の星星が輝いている。
そして、大きな大きな月。降り注ぐ月光で本が読めそうなほど明るい。


私は、ゆっくりと口を開いた。
歌う様に唇を動かし、魔力を込めて旋律を紡ぐ。声もなく。

歌ではない。
あたりには水晶を触れ合わせたような、少し硬質で透き通った音が、微かに響くだけ。

これは歌ではない。

魂を呼ぶ声、だと、《翼ある災い》は言った。

私の呼ぶ声は、呼びかけている相手にしか聴こえないらしい。
自分で自分の魂を呼ぶ事は出来なかったから、私自身も己の『呼ぶ声』を聴いた事がない。
相手に対しても、ただ呼びかける事しか出来ない。
届くかどうかも分からなければ、応えるかどうかは相手次第。

そんな声。

些か不便で、無いよりはましといった程度の力。
そんなやくたいもない力でありながら、呼ぶ事に費やす魔力は実のところ膨大で、こんな風にわけの分からぬ島で力を封じられている以上、そうたやくす試みる事の出来る術ではないのだが、——それでも今は、呼びたかった。

見失ってしまった数々の魂に向けて。

多分、私が見失ってしまっただけなのだ。
きっとどこかで今も変わらず輝き、息衝き、美しく揺らめいているに違いないのだ。

多分、私が見失ってしまっただけ。
島を制御する装置なるものが壊れてしまった反動と、それによって齎された混乱で。


どこにいるの?

どこにいるの?

ここにいるの?

それともとおく?


わたしはここにいる。

わたしはここにいる。




「……ハイダラ様、そろそろお休み下さいませ」

何度も何度も呼んでいたら、そっと後ろから声がかかった。
気遣わしげなカディムの様子は悪くないが、私はまだ呼んでいたかった。

島から追い出されたあと、改めて上陸した島。
同じ島の筈なのに全く違う雰囲気をした島。
見失ってしまった彼ら。

レンとロージャとはぐれなかったのは、真実、僥倖だ。
奇跡に近い僥倖だ。

「煩い、カディム。お前に指図されるいわれはない」

振り返ったら、カディムは片膝をついたまま深く頭を下げていた。

「……どうか、お休み下さい。お願い致します。ハイダラ様のお力の多くが、またしても封じられてございます。……わたくしの力も衰えております。完璧にお護り出来るかどうか、分かりません」

……そうだ。私の力も衰えたが、カディムの力も衰えた。
私は使える技が減り(何と、今はマジックミサイル一つなのだ!)、魔力も体力も恐ろしく低い。
カディムも、それに引き摺られるように弱っている。
あるじの私が弱ったこんな時に、思うように護れないのは、しもべとして屈辱なのだろう。

「……寝る」

「ありがとうございます」

「煩い。お前に言われたから寝るのではない。明日から、また遺跡の探索をするのだし、寝不足でレンやロージャに迷惑をかけてしまってはいけない」

「御意」

寝不足! この私が寝不足を気にするようになるだなんて!
元いた世界では、『夢を見る為』以外では、ほとんど眠る事などなかったというのに。

「全く……。弱いというのは不便だな」

敷いてある絨毯に横たわり、大きなクッションに顔を埋めると、カディムが上掛けの布をどこからか取り出して、私の体を覆った。

レンが少し身動きをしたが、起きた様子はなくて、ほっとする。
彼の眠りを邪魔してしまったら一大事だ。なにしろヒトにとって睡眠とはとても重要なものなのだから。

『……ハイダラ、寝るの?』

控えめな声がした。
多分ロージャは声を掛けようかどうしようか、迷っていたに違いない。

「うん。ごめんね、ロージャ。遅くまで煩くて」

立ててある杖の文字盤に視線を向けると、色とりどりの鉱石がうっすらと光っていた。

『ううん、そんな事ない。お休み』

「お休み、ロージャ。カディムのおもりをよろしく」

『は、ハイダラ!』

「……!! は、ハイダラ様!!」

「カディム煩い。……そうだ。お前、料理をするように」

「……は?」

「噂によると、この島ではなんだか余計に腹が減るようになったらしい」

「し、しかし、わたくしのつとめはおもてなしであって、主たる食事のあれこれでは……」

「煩い。料理でももてなすように」


その後もなにやらカディムが慌てている雰囲気があったけれど、私は知らぬ振りをして上掛けに潜った。





==================================================
語り:カディム
居所:ハイダラの側
==================================================







==================================================
語り:??????
居所:世界を隔てた場所
==================================================


「……奴か」

奴が力を使っている。どこかそう遠くない世界で。
呼ぶ声は聞こえないから、何を呼んでいるのか、呼んでいる内容はなんなのか、さっぱり分からないが、力を使っているのは分かる。
弱々しいが少しくせのある魔力は見分けるのが容易だ。

どこか、そう遠くない世界で。

「畜生、あいつが口を割れば話が早いんだがな……」



最近は寒くて、あたりは枯れ野ばかり。

苛々する。
体が重い。

碌すっぽ見通しのままならぬ日々にはよくよく飽いた。
誠に苛々する。
真っ二つにばらしてやろうか。


==================================================
 
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • ABOUT
消えてしまった手紙と日々の覚え書き
  • ENo.1457
ハイダラ。
白灰色の男が呟く独り言。
時折、夢も見ている。

メモや日記の保存など。非同期型ネットゲームに参加したり色々と。
RP(キャラロール)的な記事があるので苦手な方はご注意ください。
  • 連絡用


拍手兼連絡用フォーム。
お気軽にご利用下さい。
画像はないです……(殺風景)
  • ブログ内検索
  • カウンター
  • アクセス解析
PR
Copyright © 白灰色の畔 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]